パワハラ

STOPパワハラ!!

 厚生労働省の報告(2012年1月30日)では、職場におけるパワハラを「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」と定義しています。さらに、「上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる」としています。パワハラが、うつ病などのメンタルヘルス不調の原因となることもあります。

厚労省定義による職場のパワーハラスメントの行為類型

(ただし、職場のパワーハラスメントのすべてを網羅するものではないことに留意)

類型 具体的行為
①身体的な行為 暴行・傷害
②精神的な攻撃 脅迫・暴言等
③人間関係からの切り離し 隔離・仲間外し・無視
④過大な要求 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制
⑤過小な要求 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
⑥個の侵害 私的なことに過度に立ち入ること

 学校でも管理職によるパワハラや、同僚によるパワハラが後を絶ちません。鹿教組はパワハラに関する窓口担当者研修、管理職研修、職員研修を要求し、研修のなかで、「パワハラの定義」「パワハラになりうる言動」等について全職員で確認しあうことを求めています。また、パワハラ被害を受けたときには同僚の証言やメモ、録音等の証拠を保全すること、信頼できる人に相談し解決していくことが大切です。また、被害者に対しては、無関心や不用意な励ましが二次被害につながることがあります。「あなたは悪くない」と相手を認め、最後まで話を聞き、一緒に解決する姿勢を持つことが大切です。詳しくは、リーフレットをお読み下さい。
 鹿教組本部、各支部では相談を受け付けています。各学校や市町村教育委員会、県教育委員会にも相談窓口があります。