11月の鹿児島支部 青年部の日 を開催しました。

「あの日から学ぶこと 2011.3.11より」
 2015年11月27日に、定例の「鹿児島支部青年部の日」を開催しました。
 今回は、東電福島第一原発事故後に宮城県から子どもたちと一緒に避難し、鹿児島市で生活している相澤あけみさんに、震災直後の様子や避難生活の苦労、母親としての悩みなどをお話して頂きました。東日本大震災・原発事故について、日々の生活の中で私たち自身が風化させてしまっていることに気づき、事故による被害は今も進行中であることを再度認識した学習となりました。これから自分たちに何ができるのか考えていきたいです。
1127rpt