2018志布志地区教育対話集会
「教職員現場の実際と働き方改革について」

 「子ども一人ひとりとじっくりと向き合う時間がない」、「明日の授業準備をする時間が勤務時間にとれない」など、学校の先生は、日々の諸々の業務に追われ、本来行うべき授業のみに専念しづらい現実があります。「教職員の長時間勤務の実態が看過できない状態」「是正はまったなし」「今できることは直ちに行う」と、文科省も県教育委員会も学校の業務改善に動きだしました。先生がじっくりと授業準備を行い、子どもの思いにしっかりと寄り添える学校のしてっくために、保護者と先生と一緒に考えてみませんか?(志布志地区教育対話集会実行委員会:鹿教組志布志ブロック、志布志市職労)

テーマ 「教職員現場の実際と働き方改革について」
~子どもも先生もイキイキとした学校を作りたい!~
と き 2018年11月22日(金)19:00~20:30
18:30~受付 19:10講話 19:50~意見交換等
ところ 有明地区公民館 多目的ホール(099-474-1111)
※志布志市役所(有明本庁)のすぐ近くです。
※志布志市役所の駐車場にとめてもOKです。

※参加者全員にパンと飲み物を用意しています。
【問合せ先】実行委員会代表:後藤和仁(松山小学校内)099-487-2004