福島へ秋の木の実を届けましょう

福島県では、福島第一原発事故によって野山の自然物にも深刻な放射能汚染が広がっています。福島では不十分ながらも学校内の敷地は除染がすすめられているものの、野山の除染については全く行われていません。その結果、野外活動だけでなく自然物を使った教育活動に支障が出ています。特に小学校の生活科・図工科では、秋の木の実を使った活動の中止や代替物を活用せざるを得ない状況です。このような事態から福島県教組より、「秋の木の実」の送付について日教組を通じての支援要請がありました。大変多忙な時期とは存じますが、協力をお願いします。

1.支援内容

子どもたちが安心して自然物を使った活動ができるようにするため、放射能汚染の影響のない地域から、秋の木の実を福島の子どもたちに届ける。

2.送付物

donguri
ドングリ、マツボックリ、その他木の実(日持ちするもののみ)

  • ※木の葉などは、しおれてしまいますので集めません。
  • ※マツボックリはそのままでも構いません。
  • ※ドングリは、虫駆除のため煮沸して下さい。 /li>

3.とりくみ期間

2016年11月18日(金) 必着

4.送付先

福島県教職員組合 どんぐりプロジェクト 宛
〒960-8534 福島県福島市上浜町10-38
対応人員等の関係もあり、期限を過ぎてから到着することがないようにしてください。

5.その他

  • ・送付された木の実は福島県教組より各学校へ配分します。
  • ・送料は各自の負担とします。(カンパ等工夫して下さい。)
  • ・子ども、学校等からのお礼の手紙や言葉等については対応しかねます。 /li>
  • ・とりくみに関わる具体的なお問い合わせは、鹿児島県教職員組合の外山までおねがいします。