どんぐりプロジェクト 福島県教組からお礼の手紙が届きました。

福島県では放射能汚染のため、日常生活はもちろん、学校の授業などで自然に触れる学習も制限されています。どんぐりプロジェクトは、福島の子どもたちが授業等で使える木の実を全国から届けるために、原発事故後にスタートしました。
 鹿教組は今年も、組合員や退職者から届けられた木の実を福島へ送りました。先日、福島県教職員組合よりお礼の手紙が届きましたので紹介します。

donguri-pro-orei